合宿免許と教習所との違い

バナー

合宿免許と教習所との違い

合宿免許は免許取得が早くて安くて良いことだらけですが、教習所との違いが多いので気になっている方も多いようです。合宿免許と教習所での免許取得での違いは主に2つあります。
1つは料金、2つ目は時間です。



料金については教習所での普通自動車の免許取得に30万円ほどかかるのに対して合宿免許の場合は15万円前後が相場であり、しかも、料金には宿泊施設の料金と食費が入っているケースが多いです。

料金について、半額程度で実現できる理由は合宿所の回転率の高さと言われています。教習所の場合、生徒が多く居てもカリキュラムは予定通り進むとは限らず、暇な時も存在します。

対して合宿コースの場合は朝からしっかりカリキュラムが組めるので免許取得まで学校をしっかり使えて暇な時がほぼありません。


設備の利用率が上がることはコストダウンに繋がりますのでかかる費用を抑えることができるのです。また、宿泊施設についてはホテルなどとも提携してコストダウンに努めたり、観光施設と提携して観光も行えるなどさまざまな営業努力も行われています。

時間についても合宿免許はメリットが大きいです。

通常、1ヶ月半から2ヶ月以上はかかることが多い免許取得ですが、2週間程度でまとめて取得するので時間的なコストパフォーマンスが大変高いです。



また、短い時間で行われるので学びやすい環境が揃っています。



また、実車による教習も間を開けずに行えるので身につきやすいと好評です。

Copyright (C) 2016 合宿免許と教習所との違い All Rights Reserved.